植松陶翠額面輪花式鉢:BONSAI 彩都  - a5919

2020-03-14

植松陶翠額面輪花式鉢外径12.2cm高5.8cm

商品解説
土目やデザインから植松陶翠で間違いないと思われます。綺麗なフォルムの輪花型に額を設け、その額それぞれに違う色の釉薬を施釉したデザイン性に富んだ作品です。足の付け方なども凝っており、さすが植松陶翠と言える仕上がりです。目立った傷はなく保存状態は良好。箱付き・落款:陶翠

※現品限りの商品です。

作家プロフィール
陶名:植松陶翠(うえまつとうすい) 1899〜1959年
東京・滝野川生まれ。本名:植松長太郎。家業の瀬戸物卸問屋を継いだが、若くして陶芸に興味を持ち、たまたま瀬戸の陶工・水野正雄が滝野川の店に住み込んでいた関係から、水野正雄の兄・水野春松らと手を携えてオリジナル樹鉢・水盤の制作に乗り出す。 樹鉢に関しては量産品も作られたが、世に陶翠鉢として喧伝されているのは一品作品であり、これは植松長太郎意匠、水野春松・正雄焼成、品野茶山絵付と三者の共同作業によるものが多い。 胎土は瀬戸土を主に天草土等を配合し、よく吟味されている。型・釉は多岐にわたり、焼締もあるが多くは鉄砂・辰砂・蕎麦・鶏血釉などが見られる。戦後、鶏血・黄・青釉などを別の陶工と組んで作ったこともあり、それらには陶翠落款がないものが多いとされる。 植松陶翠没後、陶業を継ぐものがなく、陶翠落款の押印は水野正雄に与えられ、緑寿庵陶翠と改名すまで陶翠鉢の制作が続けられた事になる。

※当店では実店舗での販売も行っているため、在庫の反映がリアルタイムではなく売り切れている場合があります。その場合は、申し訳ございませんがキャンセルさせていただくことをご了承下さい。また古物ゆえの小傷等はご了承下さい。

【盆栽鉢】マニア垂涎の一品 
小品盆栽に最適 

☆盆栽彩都☆
価格
130,000円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
2〜5日以内に発送予定(店舗休業日を除く)
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

Copyright 2018-2019 International Trading Inc. All Rights Reserved.